やっちゃうよね人間だもの(_ _).。o○

番外編

 

 

今日も今日とて、どうもT3です。

 

 

本日は、番外編という事で、、、

 

 

投資を行う上での、陥りやすい負の行動についてまとめてみようと思います。

 

 

投資初心者のT3もこのロジックによくなりがちでした。

 

 

実は、何年も前にFXに触れた事がありまして。。。

 

 

全然稼げなくてすぐフェードアウトした苦い思い出があるんです泣

 

 

FXは9割の人が負けると言われてますが、

 

 

負ける人の多くが共感できる内容になるのではないかと思います。

 

 

早速、上げていきましょう。

 

 

上がりそう、下がりそうなどなんとなくの予想で決めてしまう。

FXはかなり極論で言うと、上に行くか下がるかの2択なのは確かです。

しかも、画面を見ているとそろそろ上がりそう、とか

ずっと上がってるからもう下がるでしょ、など

主観の強い予想をしがちになります。

確かに、ギャンブル的にたまたま予想が当たる事もありますが

この思考で判断していると、

予想と逆に行ってしまった時に損切りが遅れてしまいがちになります。

もう少し待てば、、、

負けるFXの典型的な例ですね。  

はい、私の事です。

 

 

ライン際でフライング成り行きでエントリーしてしまう。

フライング成り行きとは、ライン際の攻防でここを抜けると大きく動きそう!

みたいな場面で、一瞬伸びた線に対し

キタっ!!と成り行きで抜けそうな方向にエントリーする事です。

確かに、抜ける事もあるのですが

このせめぎ合いの時は騙しも多く、髭をつけてすぐに逆に伸びてしまう事があります。

めっちゃ抜けそうやったやん。。

と虚しく損切りするパターンです。

はい、見覚えがあります。

 

 

 

・ストップロスを設定せず損切りを先延ばしにしてしまう。

誰でも損はしたくないですよね、、、

予想と逆方向に相場が動いた場合

もうストレスマックスで画面を見つめるがあまり

正しい判断ができず、いつか戻るだろうと思いたくなりますよね。

あと少し待ってみよう、あと少しと。。

マイナスが膨れ上がり、もう無理だと損切りしたが時すでに遅し。

もっと早く損切りすれば良かった。。

あとの祭り、後悔先に立たず状態で本当に自己嫌悪になります。

相場は、チャンスがたくさん隠れてますので

損切りは、必ずストップ値を決めて機械的に行う方が

その後のチャンスに乗れやすくなります。

はい、耳が痛いです。

 

 

 

冒険の書にセーブしますか?
⇨はい
いいえ

コメント

タイトルとURLをコピーしました